長崎の街「ビンゴDEブログ!」11番目は、編集部長の上原です。
年度末を控え、みなさまにはお忙しい日々をお過ごしのことと拝察します。

さて、当社ホームページでもご紹介していますように、昨年11月に月刊絵本(すきっぷ・なかよしメイト・ジュニアメイト・おはなしメイト)、および保育専門月刊誌『Hiroba(保育のひろば改題)』、食育専門季刊誌『いただきますごちそうさま』新年度号ができ上がり、ブログをご覧のみなさまのお手元にも見本誌が届けられていることと思います。
編集部では通常の仕事以外に、この時期に部員が総出で交替しながら全国のみなさまの園におじゃまして新年度号のPRをおこなっています。

私も昨年12月から新潟県・福島県・長崎県・京都府などの各園を訪問しています。
各園を訪問してご挨拶し、本誌の内容を説明してご採用いただくことが主眼なのですが、現場の空気を肌で感じ生のご意見をいただくことが帰社してからの編集者としての仕事に何にも増しての活力源となります。
この時期に接した子どもたちの姿を思い描きながら、よりよい誌面づくりに励むことができるのです。

ブログ読者のみなさんも、メイト社員を見かけましたらぜひお声かけください。
「子どもたちのために」という共通項をもった邂逅(かいこう)を楽しみに。

追伸
写真は、昨年12月、「竜馬」で盛りあがる長崎市を訪問したときのもの。
訪問した園庭から見える長崎市街がとても美しかったので、携帯電話のカメラで激写しました。
しかしながら、竜馬ゆかりの地はおろかグラバー園も平和公園も訪問できていません……。