こんにちは、メイトンです。

三寒四温で季節の変わり目・・・ここ東京の桜開花予想は3月21日だって

今日は素話についてのおしらせです!
素話は、準備なしですぐに始められます。
「お話を覚えないといけないし・・・」っていう方もいるけど、
先生方が体験したことを、小さなお友だちにわかるように話してあげることだっていいんですよ〜。
それならば覚えることも必要ないですし、お話の数はいくらでも!

先生は何を言っているのかな、こんなことをしたのかなってイメージしながらお話を聞くことが、
子どもたちをさらに成長させるために必要なことなんだよね〜。

もし、お話を考えるのが苦手っていう方にはこちら!

【子どもたちの聞く力を伸ばす みじかいおはなし56話】
1310books

春夏秋冬の季節にあった短いお話を56話掲載しています。
「今日はどのお話をしてあげようかな」って迷ったら、見てみてね!
こんなにいっぱいのお話が入っているよ。
819rlfpWRSL


素話のあとで、子どもたちがどう思ったか尋ねてあげると、自分の思いを発表したり、みんなの前で話したりする機会が増えてよいでしょう。

あとひとつ、素話は聞き手をいかに楽しませるか・・・です。
話す先生方の楽しさが子どもたちに伝わればOK!

メイトンが参考にしているのは、落語や演劇、それと・・・
稲川淳二さんの怪談ね

しぐさや表情、話の「ま」や「緩急」、擬音などなど勉強になるよ〜。


*この教材に関するお問い合わせ・ご注文は、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。

メイトショップページからもご注文いただけます。


またAmazonからもご購入いただけるようになりました!
Amazonからのご購入はコチラ