こんにちは! メイトンです。

梅雨明けした地域もあるけど、まだ蒸し蒸しする日が続いていますね〜。
曇っていても、水分は体表面から失われていますから、
水分補給はしっかりと!


さて今日は、秋の作品展にもお役立ちの【造形遊びの保育実技書】を紹介しま〜す。

【まいにちぞうけい115】
まいにちぞうけい表紙
年間楽しめる造形遊びをたくさん掲載しています。作品展のアイデアがきっと見つかります。


次に紹介するのは保育雑誌【月刊ひろば】8月号と同時に発行した
【幼児期の終わりまでに身につけたい
造形道具の知識と技能が楽しくしぜんに育つ本】

道楽本

子どもたちの成長発達に合わせた、造形道具・用具の指導法を掲載。
2歳からの【造形道具別発達の目安早見表】がとじ込まれていて、「この子は今○○ができるようになったから▼▼が作れるかも・・・」と造形活動の目安になります。

上記2冊の本の著者 竹井史先生には【第41回サマースクール】でたくさんの造形遊びのアイデアをレクチャーしていただきます。

★【まいにちぞうけい115・幼児期の終わりまでに身につけたい 造形道具の知識と技能が楽しくしぜんに育つ本】に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。


*それぞれの実用書は、メイトショップページでもご購入いただけます。


*Amazonでもお取り扱いしています。


ツイッターのフォローをお願いしまーす!
うんとこうんとこどっこい運動会ひろばツイッター保育雑誌ひろば