こんにちは、メイトンです!

近頃、子どもの虐待についてのいたましいニュースが多くなっています。

園で預かっている子どもたちには、保育者の皆さんの目が行き届いているので、それほど多くはないかもしれません。
それでも、やっぱり「もしかしたら……」というようなことがないとは限らないでしょう。
身体にケガや傷など目で見てわかるしるしがなくても、ネグレクト心理的虐待がおこなわれている場合もあります。

11月1日発行のひろばブックス
【子どもの”SOS”を見逃さない! 保育者だからできること
〜「虐待」見極め&対応サポートブック〜】

は、虐待をテーマにし、起こさせないようにするにはどうすればよいか、どのように発見するか、把握したあとどう対応するか、関係機関への連絡などなどをしっかりと解説・紹介しています。

くわしくは、出来上がりましたらまたお知らせいたします。

*【ひろば】を【ひろばブックス】込みで年間購読されている方は、12月号と一緒にお届けいたします。

*【子どもの”SOS”を見逃さない! 保育者だからできること〜「虐待」見極め&対応サポートブック〜】のお問い合わせ・ご注文は、お近くのメイト特約代理店またはメイトまでお願いいたします。

ツイッターのフォローをお願いしまーす!
うんとこうんとこどっこい運動会ひろばツイッター保育雑誌ひろば