こんにちは、メイトンです。

11月24日は「いい(11)日本(2)食(4)」の日、【和食の日】です。
一般社団法人和食文化国民会議が、和食文化を大切なものとして再認識にてもらう願いを込めて、2013年に制定されました。

その翌月12月には、ユネスコ無形文化遺産として登録され、現在日本を訪れる外国からのお客様にもとても愛されています。

そんな和食は、季節のうつろい、日本の風習・行事に根付いたものも多く、お正月のお節料理や、ひな祭りの菱餅やちらしずし、端午の節句の柏餅などなどを食することも多いでしょう。

しかし、その由来は?・・・

世帯の人数が少なくなり、世代交流の機会も少なくなった現在、なかなかそれらの由来や意味を知ることがなくなっているかもしれません。
日本の食文化を子どもたちに知らせ、継承していくのはとても大切なことです。

これからの時期、いろいろな行事や行事食にふれることが多くなってきます。

由来や意味を子どもたちに知らせることできるといいですね。

【子どもに伝える 行事の由来と行事食】
gyoujisyokubig

【子どもと学ぶ 日本の伝統食材】
dentousyokuzai


★上記の食育実用書に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。


*メイトホームページのショップページからご購入いただけます。

*Amazonでもお取り扱いしています。