□月刊絵本編集部

2011年01月18日

《動画コーナー》 すきっぷ1月号 “くるくるくる! いろが きえる こま”



※上の画像をクリックすると、動画が再生されます。
 
 明けましておめでとうございます!
 お正月には子どもたちとどんなあそびを楽しみましたか? すごろく・かるた・凧あげ……。昔から伝わるあそびを子どもたちに伝えて一緒にあそぶことは、子どもとのコミュニケーションも広がって、とてもよい機会ですね。
 
 今回は、お正月の定番のあそびである「こま」を楽しみながら、科学の不思議を感じられるあそびを紹介します!
 白い厚紙・つまようじ・色鉛筆を用意しましょう。
 白い紙を丸く切って、8等分になるように鉛筆などで線を引きます。そして、それぞれのスペースに、白(色を塗らない)→赤→橙→黄→緑→青→青紫→紫 の順になるように、色鉛筆で塗り分けます。色を塗ったら、紙の中心に爪楊枝を挿して、こまのできあがりです。 
 8色の色で塗られたこまを回すと……。なんと不思議なことに、色が消えてしまうのです!
 色が消えたのは、虹の色の秘密と関係があります。太陽の光にはたくさんの色が隠されていて、虹は、空気中の水滴によって太陽光の色が分かれたため、七色に分かれて見えます。この仕組みを利用して、虹と同じ七色を塗ったこまを回転させると、虹とは反対に色が混ざり合うため、白く見えるのです。
 こまがじょうずに回ると色がきれいに消えるので、まずは子どもたちに手本を見せて、「みんなも、じょうずにくるくる回せたら色が消えるよ」と、子どもたちのやる気を引き出しながら挑戦してみましょう。

 
* 次回2月号では、塩の力を利用して、糸で氷を釣ることに挑戦します!
 動画のアップは2月上旬を予定していますので、ぜひご覧ください。



meito at 20:44|PermalinkTrackBack(0)

2010年12月03日

《動画コーナー》 すきっぷ12月号 “かみが くっつく! まほうの ストロー”





※上の画像をクリックすると、動画が再生されます。
 
 
 年長版月刊絵本『がくしゅうメイト すきっぷ』との連動企画、“チャレンジ! かがく あそび”の第9回目をお送りいたします!

 12月号では、静電気の力を利用して楽しむあそびを紹介します。
 ストロー・ティッシュペーパー・お花紙などの薄い紙を用意しましょう。
 まずは、小さく切ったお花紙を机の上に置きます。次に、ストローをティッシュペーパーでゴシゴシこすります。ストローをお花紙の上に置いて、ゆっくりと持ちあげると……。ストローに、お花紙がたくさんくっつきました!
 これは、ストローに静電気が発生したことによって起こった現象です。乾燥している冬場は静電気が発生しやすいので、この時期にぴったりのあそびですね。また、ストローを頭にあててゴシゴシこすると静電気が発生し、髪の毛がストローにくっつく様子も楽しめますので、いろいろとアレンジをして楽しんでください。


*次回1月号では、お正月にちなんで、色が消える不思議なコマあそびを紹介します。動画のアップは1月上旬を予定していますので、ぜひご覧ください。


meito at 13:09|PermalinkTrackBack(0)

2010年11月04日

《動画コーナー》 すきっぷ11月号 “チャレンジ! かがくあそび 〜いろが まざらない! ふしぎな いろみず〜”




※上の画像をクリックすると、動画が再生されます。
 
 

 年長版月刊絵本『がくしゅうメイト すきっぷ』との連動企画、“チャレンジ! かがく あそび”の第8回目をお送りいたします!

 11月号では、塩水の性質を利用して楽しむあそびを紹介します。
 用意するものは、透明なグラス・絵の具・洗剤の空き容器・水・スプーン、そして塩。
 まずは、グラスに水と塩(スプーン5杯くらい)を入れ、よくかき混ぜて塩を溶かします。次に、洗剤の空き容器に、絵の具で色をつけた色水を入れます。これで準備は完了です。グラスの塩水に、色水を少しずつ入れると……。不思議なことに、色水と塩水が混ざらずに、透明の塩水と、鮮やかな色水がきれいに2層に分かれました!
 実は、塩水は塩の重さによって、色水よりも重たくなっていたため、このような現象が起きたのです。子どもたちは、ゼリーのようにきれいに色が分かれた様子をじっくりと観察することでしょう。さらにアレンジのあそびとして、色水の上にサラダ油を入れると、下から塩水・色水・サラダ油の3層になるので、ぜひ挑戦してみてください。


*次回12月号では、静電気の力を利用したあそびを紹介します。動画のアップは12月上旬を予定していますので、ぜひご覧ください。



meito at 23:08|PermalinkTrackBack(0)

2010年10月07日

《動画コーナー》 すきっぷ10月号 “チャレンジ! かがくあそび 〜ぴょんぴょん はねる! ふしぎな ゴマ〜”



※上の画像をクリックすると、動画が再生されます。
 
 
 年長版月刊絵本『がくしゅうメイト すきっぷ』との連動企画、“チャレンジ! かがく あそび”の第7回目をお送りいたします!

 10月号では、音の振動を利用して楽しむあそびを紹介します。
 用意するものは、ステンレス製の鍋・ボウル・しゃもじ・輪ゴム・ラップ、そして、ゴマ。
 まずは、ボウルにラップをピンと張り、輪ゴムで固定します。そしてラップの上にゴマを置き、これで準備は完了です。鍋を持ってボウルに近づけ、鍋のそこをしゃもじでたたくと……。よーく見てみましょう、ゴマがぴょんぴょんはねています!
 
 ボウルに触れていないのに、どうしてゴマははねたのでしょうか? 
 実は、鍋をたたいた音の振動がボウルに伝わり、その振動がゴマに伝わってゴマがはねていたのです。物を振動させて音が伝わることは、糸電話のあそびでも分かりますが、字際に振動を目で確かめることができるので、子どもたちも驚くことでしょう。鍋をたたく際は大きい音が出るので、子どもたちには事前に大きい音が出ることを伝えておきましょう。



*次回11月号では、水と塩水の重さの違いで楽しむあそびを紹介します。動画のアップは11月上旬を予定していますので、ぜひご覧ください。


meito at 17:36|PermalinkTrackBack(0)

2010年09月13日

《動画コーナー》 すきっぷ9月号 “チャレンジ! かがくあそび 〜やぶれない ビニールぶくろ〜”






※上の画像をクリックすると、動画が再生されます。
 
 
 年長版月刊絵本『がくしゅうメイト すきっぷ』との連動企画、“チャレンジ! かがく あそび”の第6回目をお送りいたします!

 9月号では、水を使った、ハラハラドキドキの遊びを紹介します。
 ビニール袋・削った鉛筆・水・洗面器を用意しましょう。
 まずはビニール袋に水をたくさん入れ、こぼれないように袋の口を手で握ります。そして、パンパンに水が入ったビニール袋に鉛筆を一気に刺します。すると……。不思議! 鉛筆が刺さった状態のままで、ビニール袋は破れていません!
 実は、ビニール袋には、穴が開くとそれをふさごうとする性質があり、鉛筆が刺さっても、鉛筆のまわりの隙間を埋めようとする力が働き、ビニールは破れないのです。

 また、あそびのアレンジとして、鉛筆を1本だけでなく、2本・3本とたくさん刺したり、刺した鉛筆をそのまま押し込んで、反対側に突き抜けさせることもできるので、ぜひチャレンジしてください!

(怖がってビニール袋を落としてしまう子もいるかと思いますので、あそぶ際は足元に洗面器を置くことをおすすめします)
 

*次回10月号では、音の振動を、目で確かめることができるあそびを紹介します。動画のアップは10月上旬を予定していますので、ぜひご覧ください。



meito at 17:49|PermalinkTrackBack(0)

2010年07月30日

《動画コーナー》 すきっぷ8月号 “チャレンジ! かがくあそび 〜かがみで にじを つくろう!〜”




※上の画像をクリックすると、動画が再生されます。
 
 
 年長版月刊絵本『がくしゅうメイト すきっぷ』との連動企画、“チャレンジ! かがくあそび”の第5回目をお送りいたします!

 8月号では、屋外で楽しめる科学あそびを紹介します。
 用意するものは、洗面器・小さな鏡・白い画用紙、それに、太陽の光! これだけで、簡単に虹のような光をつくることができます。
 まずは洗面器に水を入れ、その中に鏡を入れます。太陽の光を鏡に反射させ、その光を白い紙に映します。すると……。まるで虹のようなきれいな色をした光が、ゆらゆらと紙に映りました!
 太陽の光はいろいろな色が集まって白く見えているのですが、この光を水と鏡を通すことによって、7色の光に分けることができるのです。
 白い紙だけでなく、白いTシャツやタオルでもきれいに映るので、いろいろなアレンジを楽しんでみてくださいね!
 

*次回9月号では、ビニール袋と鉛筆を使った科学あそびを紹介します。動画のアップは8月下旬を予定していますので、お楽しみに。



meito at 16:20|PermalinkTrackBack(0)

2010年06月18日

《動画コーナー》 すきっぷ7月号 “チャレンジ! かがくあそび 〜みずが こぼれない! まほうの コップ〜”



※上の画像をクリックすると、動画が再生されます。


年長版月刊絵本『がくしゅうメイト すきっぷ』との連動企画、“チャレンジ! かがく あそび”の第4回目をお送りいたします!

 7月号では、コップ・水・厚紙を使った、ハラハラドキドキの驚きのあそびを紹介します。 
 まずはコップに水を入れて、水でぬらした厚紙を、ふたをするようにコップにあてます。次に、厚紙を手で押さえたまま、コップをくるっと逆さにします。そして、厚紙を押さえていた手をゆっくりはずすと……。あれあれ? 水がこぼれません!
 これは、コップの水が落ちようとする重力より、厚紙を押しあげる圧力の方が大きいために起こる現象です。
 
 水がこぼれることを怖がる子もいると思いますが,洗面器やバケツを下に置き、万が一こぼれても大丈夫であることを伝えながら、大人の方と一緒にゆっくりと取り組んでみてください。
 あそびのアレンジとして,厚紙に3〜5ミリ程の小さな穴を開けておこなってみましょう。同じようにコップを逆さにしても水がこぼれないので、慣れてきたら、ぜひチャレンジしてください!
 


*次回8月号では、洗面器・鏡・水を使って、虹のようなきれいな光を映し出すあそびを紹介します。動画のアップは7月中旬を予定していますので、ぜひご覧ください。



meito at 13:20|PermalinkTrackBack(0)

2010年05月12日

《動画コーナー》 すきっぷ6月号 “チャレンジ! かがくあそび 〜ふしぎ! われない しゃぼんだま〜”



※上の画像をクリックすると、動画が再生されます。



 年長版月刊絵本『がくしゅうメイト すきっぷ』との連動企画、“チャレンジ! かがく あそび”の第3回目をお送りいたします!

 6月号では、手に乗せても割れない、不思議なしゃぼん玉あそびを紹介します。乾いた手でしゃぼん玉を触ると割れてしまいますが、手袋をはめた手で触ると……。不思議なことに、割れません!
 これは、手袋の細かい毛によってしゃぼん玉にかかる衝撃が分散されるために起こる現象で、短い毛のタオルや衣類でも楽しめます。

 今回の動画では、特製のしゃぼん液を使って、さらに楽しく発展できるあそびを紹介しています。このしゃぼん液には、洗剤や水のほかに、グリセリンや洗濯のりが入っているので、割れにくいしゃぼん玉を作ることができます。このしゃぼん玉を、手袋をはめた手でそっと弾ませると、ボールのようにポーンと跳ねます。友だちと一緒に何回打ち合えるかかぞえる、列をつくって隣の友だちに渡していくなど、あそびが広がりますね。


《割れにくいしゃぼん液の作り方》
・水 1リットル
・台所用洗剤 10ミリリットル
・グリセリン 50ミリリットル ※薬局で扱っています。
・洗濯のり(PVA入り) 50ミリリットル
以上の材料をよくかき混ぜたら、できあがりです。

*次回7月号では、“みずが こぼれない! まほうの コップ”を紹介します。動画のアップは6月中旬を予定していますので、ぜひご覧ください。


meito at 11:34|PermalinkTrackBack(0)

2010年04月15日

《動画コーナー》 すきっぷ5月号 “チャレンジ! かがくあそび 〜どう うつる? スプーンの かがみ〜”




先月からスタートしました、年長版月刊絵本『がくしゅうメイト すきっぷ』との連動企画、“チャレンジ! かがく あそび”の第2回目をお送りいたします!

 5月号では、スプーンを使って手軽に楽しめる科学あそびを紹介します。用意するものは、スプーンだけ。まずは、スプーンを持って凸面に顔を映します。スプーンは湾曲しているので、ふだん見ている鏡の映り方とは少し違う感じに気がつくかもしれません。次に、スプーンをくるっと反対向きにして凹面に顔を映します。すると……。あらら! 顔が逆さに映りました!
 これは、光の反射の仕方によって目に映るものの形が変わることを利用したあそびですが、科学の原理を説明するよりは、スプーンに映る姿を楽しむことがポイントです。凸面・凹面の映り方の違いだけでなく、スプーンを上下に動かしたり、横に向けて顔を映したり、顔を近づけてみたり……。子どもたちの自由な発想で、思い思いのあそび方を楽しんでみましょう。
※上の画像をクリックすると、動画が再生されます。


*次回6月号では、シャボン玉を使った、“ふしぎ! われない しゃぼんだま”を紹介します。動画のアップは5月中旬を予定していますので、ぜひご覧ください。


meito at 15:13|PermalinkTrackBack(0)

2010年03月24日

すきっぷ 『チャレンジ! かがくあそび』 動画コーナーがスタートします!




ホームページでも紹介させていただいたように、2010年度メイトの月刊絵本ができあがりました。みなさまのお手元にも、見本セットが届けられていることと思います。

今年度の総合学習絵本『すきっぷ』では、科学あそびをテーマにした新コーナー、<チャレンジ! かがくあそび>が始まりました。
そこで、このブログでも、本誌で紹介する科学あそびをより楽しんでいただけるように、子どもたちが楽しむ様子や、あそぶときのポイントなどを、動画で紹介する新企画がスタートします!

4月号では、スタート記念ということで、監修の阿部昌浩先生に特別出演していただき、“とべ! かみコップロケット”の楽しみ方ご紹介します。 
※上の画像をクリックしていただくと、動画が再生されます。

身近なものを使ってすぐに取り組める科学あそびを、毎月動画で紹介いたします。
ぜひ、園やご家庭でお子さまといっしょにお楽しみください!

*次回5月号では、スプーンを使って楽しむ、“どう うつる? スプーンの かがみ”を紹介いたします。動画のアップは4月中旬を予定していますので、ぜひご覧ください。


meito at 14:44|PermalinkTrackBack(0)