メイト通信

サマースクールなどの保育研修会の企画・運営、保育用品(エプロンシアター・パネルシアター・音楽・造形・食育教材)・書籍(保育雑誌『ひろば』・ひろばブックス・月刊絵本)の企画・販売をしているメイトの最新の情報をお知らせしています。

カテゴリ:□教材紹介 > □食育

メイトンです。
卒入園の準備等で忙しい時期だね。

今日は好評販売中の食育教材を紹介するよ。
「咀嚼パペット みいちゃん」!
12929

第3次食育推進基本計画でも目標に「ゆっくりよく噛んで食べる国民を増やす」とありますが、子どもたちがわかるように「咀嚼の大切さ」を説明するのは難しいですよね。

『どうしてよく噛まないといけないの?』
『ちゃんと噛んだらどうなるの?』
『じゃあ何回噛めばいいの?』
しっかりよく噛むことについて、子どもたちはいろいろな疑問を投げかけてきます。

そんなとき、みいちゃんを使えば、子どもたちが咀嚼の大事さをみいちゃんを通じて理解することができます。
12966

指導用の解説書や、咀嚼すると食べ物が細かく飲み込みやすくなるを表現した食べ物カードも付属しています。

そして本体は洗濯機で洗えるので衛生的!
何度でも使って、よく噛んで食べることを習慣としてくださいね。

さらに、新年度にはクラスの新しい友だちとして、
子どもたちにみいちゃんを紹介してあげてはいかがでしょうか?
みいちゃんで園生活の約束事や生活ルールを知らせたり、気づかせたり・・・そんな使い方もできるよね!

YOUTUBEで、実際に園で使っている動画も見られるよ。
【咀嚼パペット みいちゃん】の動画はコチラ


以上、なんでもよく噛んで元気なメイトンでした。

こんにちは メイトンです。

三寒四温で暖かい日も増えてきました。

新年度からの栽培活動に向けて、土作りなどもはじめられるかなあ。

もし、初めて栽培活動に取り組もうとしている方には
コチラ↓
【子どもと楽しむ はじめての栽培】
saibaibig (1)

園で育てやすいトマトやじゃがいもなど20種の栽培方法を、
プランターで育てる場合と畑で育てる場合で掲載しています。
畑のスペースがない園でもプランターだったら、育てられるんじゃないかな。

また、室内でカンタンに育てられるスプラウトやベビーリーフの栽培も掲載。
イラストを多用してわかりやすいから、初めての先生、子どもたちにうってつけ!
小さな種から芽が出て、収穫して食べるまでを経験できるって、とても大きなことだよね。

収穫した野菜で作るレシピも掲載。
子どもたちに手伝ってもらうポイントも載っているので、
クッキングにチャレンジしてみてね!
A1kt6EQoAGL


メイトショップページからのご注文いただけます。

またAmazonからもご購入いただけるようになりました!

Amazonからのご購入はコチラ

こんにちは! メイトンです。

メイトではたくさんの食育教材を企画から開発、販売までおこなってまーす。

今年も【食育】の新しい教材ができるんだって!?
しかも食育エプロン!

これまでの食育教材には味覚の【たっくん】、元気なうんちの【まあちゃん】、咀嚼の【みいちゃん】という具合に、子どもたちに親近感が沸くように名前をつけたものが多いんだけど・・・
【まあちゃん】【みいちゃん】ときたから、もしかしてむ、【むうちゃん】?

違うんだってw

今度の教材は【たっくん】という名前の流れからきているよ。

なんでもぱっくんぱっくん食べる【ぱっくん】です!
今までのたっくん、まあちゃん、みいちゃんは人間のお友だちだったけど、
ぱっくんはどうやら人ではないんだって!
子どもたちの好きな○○○なんだってさ。

って、なんにもわからないよね。
今月末あたりには、詳細のわかるブログをアップするので、
いろいろ想像して待っててね!

それじゃ、また明日!
メイトンでした。

こんにちは、メイトンです!

今日も東京は暖かいね。

ついに明日【第12回食育シンポジウム】
が開催されます。

幼児のころからのきちんとした食生活・食体験の大切さがあらためてわかるシンポジウム!
ぜひ聞きにきてほしいなあ。
当日参加もOKですよ!

シンポジウムに来場された方全員に、第12回食育コンテストに入賞された園の実践報告を掲載した『食育活動実践事例集2018』をプレゼント!
どの園の活動も、写真つきで子どもの姿や活動内容が具体的に掲載されていますよ。


基調講演では、「0・1・2歳児の食育」について管理栄養士 太田百合子先生にお話いただきます。

会場は東京都墨田区のすみだリバーサイドホールです。
参加費無料で、役立つおみやげももらえるのはイイね!
お申し込みは先着400名さまです。
どしどしお申し込みくださいね。

お問い合わせ・申し込みなど詳しくはコチラまで↓↓↓↓↓↓
第12回食育シンポジウム

こんにちは、メイトンです!

新年度からの食育活動・食育計画のヒントになると評判の
【第12回食育シンポジウム】

今週末、3月3日(土)に開催されます。

このシンポジウムでは「幼稚園・保育所・こども園等での食育を応援する第12回食育コンテスト」の入賞園の展示・発表や基調講演をご覧いただけます。

幼児のころからのきちんとした食生活・食体験の大切さがあらためてわかるシンポジウムです!

シンポジウムに来場された方全員に、第12回食育コンテストに入賞された園の実践報告を掲載した『食育活動実践事例集2018』をプレゼント!
どの園の活動も、写真つきで子どもの姿や活動内容が具体的に示されていますから、必ず何かヒントが見つかるよ!
91HPzi9t42L

↑コチラは昨年度版です。

基調講演では、「0・1・2歳児の食育」について管理栄養士 太田百合子先生にお話いただきます。
2018年度【いただきます ごちそうさま】春号 の
特集「0・1・2歳児のおいしい うれしい食事と食べさせ方」と関連した内容で、保育現場で関心の高い乳児からの食育について詳しくお話しいただきます。

会場は東京都墨田区のすみだリバーサイドホールです。
参加費無料で、役立つおみやげももらえるのはイイね!
お申し込みは先着400名さまです。
どしどしお申し込みくださいね。

お問い合わせ・申し込みなど詳しくはコチラまで↓↓↓↓↓↓
第12回食育シンポジウム


当日、会場前の広場でおいしいものが食べられる物産展も開かれるみたい!
(天候により中止の場合もあります)

!cid_161d66f36e4efa417591

楽しみだな〜!

昨年から今年の1月初旬にかけて募集した【第12回食育コンテスト】!
たくさんご応募いただき、ありがとうございます!

審査を重ねて、入賞園が決定しました。

【入賞結果】
文部科学大臣賞 「四季を感じる食育活動」中央区立有馬幼稚園

厚生労働大臣賞 「これ、おちゃになる?」津和野町立畑迫保育園

優秀賞 「1歳児たちのケーキづくり」社会福祉法人喜慈会 子中保育園

優秀賞 「コミュニケーションを育む一人一畑」認定こども園 つるみね保育園

優秀賞 「リトルシェフのお弁当大作戦」社会福祉法人 かきのき保育所

優秀賞 「食を通じて人間の生きる力を育むために」社会福祉法人知恩福祉会 海童保育園

優秀賞 「子ども達の重いがつなぐ種物語」喬木南保育園

優秀賞 「感謝の心を育む食育」社会福祉法人新友会幼保連携型認定こども園 木の実こども園

フォトストーリー大賞 「二十四節気や行事食を取り入れた給食・食育活動」ちゃいれっく竹ノ塚駅前保育園


3/3(土)すみだリバーサイドホール(東京都墨田区)で開催される【食育シンポジウム】では、会場ロビーで入賞園の活動を示したポスターの展示をご覧いただけます。
またステージでは、入賞園の活動の報告などがご覧いただけます。

基調講演では【いただきます ごちそうさま】2018年春号からの離乳食ページの監修者 太田百合子先生に乳幼児の食育についてご講演いただきます。
IMG_3252

乳児の食育は、その後の成長を考える上でとても必要なこと。
味覚の獲得は離乳食のころから始まっているので、とても大事なテーマです。

【参加のお申し込みはこちら】
2018flyer_f

*参加者全員に、第12回食育コンテスト入賞園の活動報告が掲載された 【第12回食育コンテスト 活動実践事例集】を差し上げます。
園の食育活動計画をたてる参考になります!

メイト食育情報誌【いただきます ごちそうさま】をはじめ、食育教材の展示販売をおこないます!
 お手にとってご覧いただけるよい機会ですので、ぜひご来場ください。

こんにちは メイトンです!

新年度を前にだいぶ忙しくなってきているよね。

さて、メイトではひとつの大きなテーマとして【食育】をとりあげ、
NPO法人キッズエクスプレス21のおこなう【食育コンテスト】【食育シンポジウム】の後援・運営協力、地方自治体や官公庁の主催する【食育イベント】への参加、【食育教材】の企画開発・販売をおこなっています。

いろんなことをやってるねぇ〜

中でも【保育者と栄養士・調理師、園と家庭、園と地域を結ぶ】
食育情報誌【いただきますごちそうさま】は、
乳児からの食育に欠かせない1冊です!

IMG_3252

【いただきます ごちそうさま】は、旬のレシピや子どものクッキング、栽培、園の実践活動、家庭との連携で使えるおたよりのデータなどなど多岐にわたる食育情報を提供する季刊誌です。
春(2月)、夏(5月)、秋(8月)、冬(11月)に発行しています!

カラーページで掲載している【4つのおさらレシピ】は、旬の食材を使って、子どもたちにバランスのよい食事を提供できるレシピです。
和食をヒントに、主菜・副菜・主食・汁を色分けし、栄養バランスのほかに正しい配膳の仕方も理解できます。
IMG_3253

ほかにもカラーページでは子どものクッキングレシピ栽培、子どもの魚嫌いを解消するウエカツさんこと上田勝彦さんのページなどを連載!
IMG_3254IMG_3255


【食育】は幼児からではなく乳児から始まっていることを考慮して、離乳食レシピの連載もスタート!
春号は特集1と合わせて乳児の食育を大幅に増やして掲載しています!
IMG_3256


巻末の、コピーして切れば家庭にも配布できるレシピカードや、家庭連携のおたより作成のページも好評です!春号は年間購読プレゼントのCD-ROMにイラスト・文例が、夏号以降はそのCD-ROMを使って、ネットにアクセスし、ダウンロードできます。
IMG_3258

IMG_3259

さらに、夏号と一緒に発行の
【見てわかる! 図解 新・食育ガイドブック】(仮)も併せて注文してね!
なぜ食育なのか?といったスタートに立ち戻り、もう一度「食育」を考えてみませんか?
食育の考え方、活動のアイデアなど新しいヒントがいっぱいです。
よろしくお願いしま〜す!

★【いただきますごちそうさま】についてのお問い合わせお申し込みは、メイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。

こんにちは メイトンです。

みんな、ちゃんとお食事してる?

きちんとバランスよく食べないと、病気にかかりやすくなっちゃうよ。

今日はクラスで使える
食育紙芝居【みんなで たべると おいしいね!】
を紹介します!
28115

この教材は5巻セットで、5つの食育のテーマをお話にしています。
服部幸應さんに監修をお願いして、各巻に解説が掲載。

 擇いしんぼうの バークバク】は、食事の重要性や楽しさを理解するテーマで作られています。
私たちの体が、いろいろな食べものから作られていることがわかるお話です。

◆擇罎辰り よくかみ おおかみくん】は、咀嚼の大切さをテーマにしています。
早食い、よく噛まずに飲み込んでしまう子って多いですよね。

【これ なあに?】は、食べ物がどこからくるのか。その食べ物の元は何で、どういうふうに食卓に上がるのか・・・食べ物の選択や、食べ物への感謝の気持ちをはぐくみます。

ぁ擇燭里靴いまつり、なに たべる?】は、日本には四季折々の年中行事があります。行事の由来と行事食について伝えます。

ァ擇瓦呂鵑任欧鵑 げんき ぴん】は、共食をテーマに、みんなで一緒にごはんを食べるとおいしいね、がわかる内容となっています。

あきやまただしさん、長野ヒデ子さんなど人気作家ばかりを集めた、ほかにはない豪華な食育紙芝居セット

食育をしたいけど栽培やクッキングは設備や環境がないから・・・と思ってらっしゃる先生!
紙芝居なら特別な設備も、安全・安心を気にすることなく、普段の保育の中に取り入れることができますね。

*この教材に関するお問い合わせ・お申込はお近くのメイト特約代理店、またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。

こんにちは メイトンです。

寒くて外に出るのも厳しい時期になってきたねえ。

でも、来年度に栽培活動をしようとお考えなら
コチラ↓
【子どもと楽しむ はじめての栽培】
saibaibig (1)

園で育てやすいトマトやじゃがいもなど20種の栽培方法を、
プランターで育てる場合と畑で育てる場合で掲載しています。
畑がない園ではプランターで育てる方法が知れるのはいいよね。

また、寒い時期でも比較的簡単に室内で育てられる、
スプラウトやベビーリーフの栽培も掲載しています。
小さな種から芽が出て、それが食べられる楽しさ・不思議さが感じられますよ。

そして収穫した野菜で作るレシピも掲載。
子どもたちに手伝ってもらうポイントも載っているので、
クッキングにチャレンジしてみてね!
A1kt6EQoAGL


メイトショップページからのご注文いただけます。

またAmazonからもご購入いただけるようになりました!

Amazonからのご購入はコチラ

こんにちは、メイトンです!
温かいお鍋料理のおいしい季節ですね。

さて今日は、3月3日(土)に開催される
第12回食育シンポジウムについてお知らせしま〜す!

このシンポジウムでは「幼稚園・保育所・こども園等での食育を応援する 第12回食育コンテスト」の入賞園の展示・発表や基調講演をご覧いただけます。
保育・幼児教育施設で働いている保育者の方々、栄養士・調理師のみなさんや、子育て家庭のお父さん・お母さんで食育に興味関心をもっている方々にぜひ参加していただきたいイベントです。

来場者全員に、食育コンテスト入賞園の実践を紹介した『食育活動実践事例集2018』をプレゼント!
春からの食育活動・計画のヒントになると好評です。
91HPzi9t42L

↑これは昨年度版です。

基調講演では、管理栄養士 太田百合子先生「0・1・2歳児の食育」についてお話いただきます。
2018年度「いただきます ごちそうさま」春号 の
特集「0・1・2歳児のおいしい うれしい食事と食べさせ方」とリンクした内容で、
乳児からの食育について詳しくお話しいただく予定です。
▼2018年度版「いただきます ごちそうさま」はコチラ▼
IMG_3252

昨年同様に、東京都墨田区のすみだリバーサイドホールで開催。
参加費無料で、役立つおみやげももらえるのはイイね!
ぜひ、みなさんの参加をお待ちしておりマース!

詳しくはコチラ↓↓↓↓↓↓
第12回食育シンポジウム

このページのトップヘ