メイト通信

保育研修会・保育用品・書籍・月刊総合絵本などメイトの最新情報をお知らせします。

カテゴリ:□編集部 > いただきます ごちそうさま編集部

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪メイトン

★今日の小ネタ★

【スイートピーの日】…春を代表する花で、三種類ある花弁が1枚、2枚、1枚であるところから1月21日に制定されました。
そういえば、80年代に大ヒットした松田聖子さんの「赤いスイートピー」。
赤いスイートピーは、歌が流行ったころにはなくって、その後に品種改良されてできたのだそうです。

さて、寒い時季だけど、そろそろ来期の食育計画も考えていきたいころです。
【栽培活動】では、土づくりから始める園もありますね。
【栽培からクッキング活動】などといろいろ考えたいころです。

そこで役立つ【子どもと楽しむ はじめての栽培】
56813 定価2,400円+税
A1YnqVbyiIL

本書では園で栽培しやすい野菜等20種の栽培方法を掲載しています。
小さなスペースでできるポットやプランターでできる栽培も紹介。
園庭がなくても栽培でき、子どもたちに植物の生長の不思議や収穫する喜びを知らせることができますね。
カラーページ【1章 栽培物でクッキング】は、栽培・収穫したそれらの野菜を使ったレシピを紹介。子どものお手伝いポイントなども掲載しています。
【2章 保育室ではじめる栽培活動】では、園庭に畑などを作るスペースがない場合、保育室でポット(鉢植え)やプランターを使って栽培する方法を紹介しています。
【3章 栽培の準備をしよう!】では、土づくりや栽培をする際に必要な器具などを紹介。プランター栽培の場合の準備も載せています。
【4章 栽培方法20種】は、園で栽培しやすい野菜など20種を紹介。育て方をイラストを使って土づくりからていねいに知らせています。
【5章 園の実践事例】は、幼稚園・保育園の栽培事例を5園掲載。
【6章 トラブル解消】では、防虫・防鳥の方法や、病気にかかりにくい栽培方法などを紹介しています。

コンテンツはこちら
saibai1

食育活動を計画する際にはぜひ!

★【子どもと楽しむ はじめての栽培】に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。



*メイトショップページでもご購入いただけます。



*Amazonでもお取り扱いしています。

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪メイトン

★今日の出来事★
1月17日は「防災とボランティアの日」です。
1995年の今日、阪神・淡路大震災が起こり、甚大な災害となりました。その中でボランティア活動が活発化し、この日が作られました。

いくつもの火山帯と、重なる大陸プレートを持つ日本は災害大国です。
地震や台風など、毎年数々の災害が発生しています。
日ごろからの備えは万全に越したことはありません。
備えておくのは物品だけではなく、知識や人的環境なども大切です。

そこで、園防災・災害時の食にかかわる実用書をご紹介します。


【実践! 園防災まるわかりBOOK】

60763 定価1,800円+税
2015books7
ハザードマップなども利用して園ごとの災害特性を把握し、万一の事態に備えるための完全ガイドブックです。イラストなども多用した読みやすいページ構成で、必要なテーマだけ読むこともできます。日常でおこなう避難訓練につながる遊びも掲載。巻末に防災プチブックを綴じ込んでいます。




【災害時の食のお役立ちBOOK】

61517 定価2,400円+税
食のお役立ちBOOK
災害に備える備蓄品、食料品だけでなく、安定した食事提供の体制づくりや、手間をかけずに効率よく調理するための手順やレシピなどを掲載。【災害時の食】をテーマに、乳児や食物アレルギーをもつ子どもへの対応などもていねいに解説しています。


どちらも危機管理教育研究所 国崎信江さんに監修していただきました。
もしものときのために備えておいていただきたい実用書です。

★【実践! 園防災まるわかりBOOK】【災害時の食のお役立ちBOOK】に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。


*メイトショッピングページでもご購入いただけます。


*Amazonでもお取り扱いしています。

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪メイトン

★今日の小ネタ★
「鏡開き」今日1月11日におこなう地域、20日におこなう地域があるようです。
鏡もちは「割る」「切る」ではなく、縁起よく「開く」といいます。
神さまの力が宿るという鏡もち。かたくなってもお雑煮やお汁粉に入れてやわらかくしていただいたり、小さなかけらもかきもちにするなどして残さずいただくようにしましょう。

お正月をすぎて、いろいろな年間行事や関する行事食にふれることが多くなる時期です。
そこでお知らせする1冊!
【子どもに伝える 行事の由来と行事食】
56834 定価2,400円+税
gyoujisyokubig
いろいろな年中行事と行事食の由来を解説しています。また、園でも定番の行事となっているハロウィンやクリスマスなどの行事も取り上げました。さらに夏祭りや防災の日などの園行事も取り上げて、解説を掲載しています。日々の保育の中で子どもたちに行事を知らせたいときにはぴったり。
また、年間の食育計画作成にも役立つかもしれませんね。

コンテンツはこちら
gyoujisyoku1



★【行事の由来と行事食】に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはめいと(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。



*【行事の由来と行事食】はショップページからもご購入いただけます。


*Amazonでもお取り扱いしています。

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪メイトン

★今日の小ネタ★
かんぴょう(干瓢)の「干」が「一」と「十」の組み合わせでできていることから、1月10日は「かんぴょうの日」だそうです。
国内生産量のほとんどが栃木県で作られているんですって!
食物繊維がたっぷりで、カルシウムや鉄分なども多く含まれています。
体によさそうですね!

さて、かんぴょうなどの乾物、発酵食品など、体によい日本の伝統食材を解説した
【子どもと学ぶ 日本の伝統食材】をご紹介します。
56836 定価2,400円+税
dentousyokuzai
本書で解説している伝統食材は、乾物・発酵食品・大豆製品・練り製品などなど。
案外知らないことが多いですねえ。
そのほか日本の食文化・和食を伝えたり、日本の行事と使われる伝統食材を取り上げたページも掲載。
またカラーページでは、料理研究家の奥薗壽子さんに伝統食材を使って簡単に作れるレシピをご紹介いただいています。
園のランチで子どもたちに、おたよりでご家庭に知らせたい情報が満載です。

コンテンツはこちら

★【日本の伝統食材】に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。


*メイトショップページからもご購入いただけます。


*Amazonでもお取り扱いしています。

2月20日は【アレルギーの日】です。1966年のこの日、ブタクサからアレルギー原因物質の発見が発表されました。みなさんの園でも花粉症が流行っていませんか?
くしゃみ・鼻水が出るけど風邪とは違うものなのだということを、子どもたちにも知らせるといいですね。

アレルギーつながりでw

【知って安心 園で役立つ
新・食物アレルギーガイドブック】

61636 定価2,400円+税

乳児には約10%、3歳以上の幼児には5%も食物アレルギーをもつ子がいるそうです。
園での食事提供や食育活動などでは、そのような子どもの安心安全のために注意したいことがたくさんあります。
食物アレルギーの基礎知識から、園内の体制、関係機関との連携、起きてしまったときの対処などを解説。
園の職員全員が知っておきたい大切な情報をわかりやすくまとています。

●本書のポイント●
〕顱Φ軻・小麦を使わない42レシピ。食物アレルギー児も安心して参賀できるクッキング活動を掲載。
2019年に改訂された「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」に沿って編集。
1爐乃こりやすい誤食を起こさないための食事地峡のルールを掲載。
ぅ▲淵侫ラキシーが起きたときの緊急対応を紹介。
タ物アレルギー対応に役立つ様々な参考様式を収録。

★この本は【2020年度 いただきますごちそうさま】を年間購読をセット購入されると、春号とともにお渡ししています。


★【新・食物アレルギーガイドブック】に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。

こんにちは メイトンです。

★今日の小ネタ★
12月16日は、料理研究家の服部幸應さんのお誕生日。
メイトの食育紙芝居でも監修をいただいているよ。

ということで、今日は食育の本を紹介します。
【図解でよくわかる 新・食育ガイドブック】

IMG_0337middle

監修は【保育所保育指針】【保育所における食事の提供ガイドライン】などの策定委員も務められた相模女子大学教授 堤ちはる先生。

図式やイラストなどをたくさん使い、食育基本法成立からこれまでの食育の流れ、年齢ごとの取り組み方やマナー、地域や家庭との連携、ケーススタディなどもわかりやすく解説しています。

巻末には、食べものイラストや行事食、食の提供における質の向上のためのチェックリストなどなど付録も充実しています。
イラストは、ご家庭へのおたより作りにも役立ちますよ!

*【図解でわかる 新・食育ガイドブック】に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。

★メイトショップページでもご購入いただけます。

★Amazonでもお取り扱いしています。

ツイッターのフォローをお願いしまーす!
うんとこうんとこどっこい運動会ひろばツイッター保育雑誌ひろば

こんにちは、メイトンです。

★今日の小ネタ★
11/29で「いい肉の日」です!
お店によってはお肉料理が安く食べられるところもあるね。
動物の種類、部位によって、いろんな料理ができます。
お肉を食べてスタミナをつけよう!

さて、これから年末〜年度末にかけて、毎月いろいろな年中行事がとりおこなわれますね。
年中行事には、行事食がかかわるものもたくさんあります。
お正月・節分・ひな祭り・・・

そこでご紹介したいのが
【子どもに伝える行事の由来と行事食】
です。
gyoujisyokubig
A1ZHUJLFOuL91+NbXkdI8L

春夏秋冬の行事の由来を、わかりやすく解説!
カラーページでは、行事をテーマにしたアイデアレシピを紹介しています。

これらの行事の由来と行事食について子どもにしらせてあげてはいかがでしょうか。
もっと興味を持って、その行事を楽しむことができますよ。

★【子どもに伝える行事の由来と行事食】に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。

*メイト ショッピングページでもご購入いただけます。

*Amazonでもお取り扱いしています。


ツイッターのフォローをお願いしまーす!
うんとこうんとこどっこい運動会ひろばツイッター保育雑誌ひろば

こんにちは、メイトンです。

11月24日は「いい(11)日本(2)食(4)」の日、【和食の日】です。
一般社団法人和食文化国民会議が、和食文化を大切なものとして再認識にてもらう願いを込めて、2013年に制定されました。

その翌月12月には、ユネスコ無形文化遺産として登録され、現在日本を訪れる外国からのお客様にもとても愛されています。

そんな和食は、季節のうつろい、日本の風習・行事に根付いたものも多く、お正月のお節料理や、ひな祭りの菱餅やちらしずし、端午の節句の柏餅などなどを食することも多いでしょう。

しかし、その由来は?・・・

世帯の人数が少なくなり、世代交流の機会も少なくなった現在、なかなかそれらの由来や意味を知ることがなくなっているかもしれません。
日本の食文化を子どもたちに知らせ、継承していくのはとても大切なことです。

これからの時期、いろいろな行事や行事食にふれることが多くなってきます。

由来や意味を子どもたちに知らせることできるといいですね。

【子どもに伝える 行事の由来と行事食】
gyoujisyokubig

【子どもと学ぶ 日本の伝統食材】
dentousyokuzai


★上記の食育実用書に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。


*メイトホームページのショップページからご購入いただけます。

*Amazonでもお取り扱いしています。



こんにちは、メイトンです。

もうすぐ9月1日、【防災の日】です。
 
『台風、高潮、津波、地震等の災害についての認識を深め、それらの災害に対処する心構えを準備するためとして、1960年に内閣の閣議了解により制定されました。また、1982年からは、9月1日の「防災の日」を含む1週間(8月30日から9月5日まで)が「防災週間」と定められています。

 9月1日という日付は、1923年9月1日に発生し、10万人以上の死者・行方不明者を出した『関東大震災』に由来しています。』(総務省統計局HP なるほど統計学園より)

園では毎月避難訓練を実施しているところが多いですよね。

この頃地震・台風・大雨などさまざまな災害が多発しています。

メイトでも防災に関する実用書を発売。
どちらも危機管理教育研究所代表 国崎信江さんに著・監修していただいています。


【実践! 園防災まるわかりBOOK】

1,800円+税
2015books7

ハザードマップなども利用して園ごとの災害特性を把握し、万一の事態に対応するための完全ガイドブック。読みやすいページ構成で、必要なテーマだけ読むこともできます。避難訓練につながる日常でおこなう遊びも掲載。巻末に防災プチブックを綴じ込んでいます。




【災害時の食のお役立ちBOOK】

2,400円+税
食のお役立ちBOOK

災害に備える備蓄品、食料品だけでなく、安定した食事提供の体制づくり、手間hをかけず効率よく調理するための手順やレシピなどを掲載。【災害時の食】をテーマに、乳児や食物アレルギーをもつ子どもへの対応などもていねいに解説しています。

どちらも、もしものときのために備えておいていただきたい実用書です。

★【実践! 園防災まるわかりBOOK】【災害時の食のお役立ちBOOK】に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。


*メイトショッピングページでもご購入いただけます。



*Amazonでもお取り扱いしています。

こんにちは、メイトンです。

来月9月1日は【防災の日】です。
今から100年近く前の大正12年9月1日に関東大震災が起こり、
1960年に制定されました。
また、9月1日は台風の襲来が多いとされる「二百十日」にもあたります。
災害の備えは日ごろから!

ということで、食育情報誌【いただきます ごちそうさま】では
秋号と同時に【災害時の食のお役立ちBOOK】を発売。
2,400円+税別
itagoti_bessatu_tirasi_CC2018-1
監修は、危機管理教育研究所代表 国崎信江先生です。

災害の多い日本。
災害発生後に、園での食事提供はとても大切です。
少ない手順で、心も体も温まる食べ物を提供できるレシピのほか、
発災後に園が食事を提供するまでの流れ、
食物アレルギーを持つ子どもへの対応、
栄養士・保育者
保護者・地域・行政
と連携する方法などをわかりやすく掲載しています。

数々のチェックシート・チェックリストなど、
自園の状況を把握しておくために必要な付録も掲載。

災害はいつ起きるかわかりません。
いざというときのために、ぜひ園に1冊備えておくといいですね。

★【災害時の食のお役立ちBOOK】に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。


*メイトショップページでも販売中!

*アマゾンでもお取り扱いしています。

このページのトップヘ