〜〜〜ヾ(^∇^)おはよー♪メイトン

★今日の小ネタ★
9月11日は【公衆電話の日】です。1900年のこの日、日本初の自動公衆電話が設置されたことにちなんでいます。携帯電話の普及により設置台数は激減していますが、電波の混雑などがないため災害時などには大活躍しています。バッテリー切れのときに公衆電話を探したりしますが、電話番号がスマホに入っていて覚えていない・・・なんてことはありませんか(TДT)


さて本日紹介するのは、保護者支援をテーマにした実用書です。
【ちょっとした言葉かけで変わる
保護者支援の新ルール10の原則】

61173 定価1,800円+税
hogosyashien10-180
 玉川大学教授 大豆生田 啓友先生が【苦情・要望の多い親・発達の気になる子どもの親とのかかわり方】【子ども同士のトラブルの伝え方】......など、保護者支援をテーマに、新しい10の原則を保育現場の“あるあるケース”に沿ってご紹介する1冊です!
【ちょっとした言葉かけで変わる】とあるように、言葉かけは相手に対する気遣いでもあります。
【ちょっとした言葉かけで変わる】のは、保護者だけでなく保育者自身でもあるのです。

CONTENTS
812GGczPnQL81-3gPU6NOL

FullSizeRender
イラストやマンガもいっぱいで読みやすい!

★【ちょっとした言葉かけで変わる 保護者支援の新ルール10の原則】に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。




★メイトショップページからもご購入いただけます。



★Amazonでもお取り扱いしています。