メイト通信

保育研修会・保育用品・書籍・月刊総合絵本などメイトの最新情報をお知らせします。

タグ:食育

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪メイトン

★今日の小ネタ★

【十六団子】農耕の神様が山から下りてくるのをお迎えするため、米粉で団子を16個作りお供えします。同様に、神様が山へお帰りになるの11月(地域によっては10月のところも)16日にお団子を作りお供えします。この風習は、東北や北陸地方でおこなわれているところがあるようです。
日本の年中行事には農耕と結びついたものがたくさんありますね。

さて、園での食育活動で栽培にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

そこで役立つ【子どもと楽しむ はじめての栽培】
56813 定価2,400円+税
A1YnqVbyiIL

本書では園で栽培しやすい野菜等20種の栽培方法を掲載しています。
園庭に畑を作るスペースがなくても、ポットやプランターでできる栽培も紹介。
子どもたちに命の不思議や収穫する喜びを知らせることができますよ。

コンテンツ
【1章 栽培物でクッキング】
栽培・収穫した野菜を使ったレシピや子どものお手伝いポイントなども掲載。
【2章 保育室ではじめる栽培活動】
小さなスペースでできるポット(鉢植え)やプランターを使って栽培する方法を紹介。
【3章 栽培の準備をしよう!】
土づくりや栽培をする際に必要な器具などを紹介。プランター栽培の場合の準備も載せています。
【4章 栽培方法20種】
園で栽培しやすい20種の野菜の栽培法を掲載。
【5章 園の実践事例】
5園の栽培事例を紹介。
【6章 トラブル解消】
防虫・防鳥の方法や、病気にかかりにくい栽培方法などを掲載。

栽培活動に取り組んでみようと思っている方はぜひ!

★【子どもと楽しむ はじめての栽培】に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。



*メイトショップページでもご購入いただけます。



*Amazonでもお取り扱いしています。

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪メイトン

★今日の小ネタ★
3月10日は「砂糖の日」です。ん〜、語呂合わせ
甘いものを食べたらしっかりと歯磨き! しないと虫歯になってしまいますね。
虫歯になりにくい糖の代表がキシリトールです。
「なりにくい」のであって「ならない」わけではありません^^;ご注意を。


虫歯になると歯が痛くなって、噛む回数が少なくなったりします。
でも、噛むことはとても大切です。

みなさんは咀嚼の効果・効用をまとめた標語を知っていますか?
「卑弥呼の歯がいーぜ」です。
ひ  肥満防止
み  味覚を発達させる
こ  言葉の発音がはっきり
の  脳を刺激し、発達させる
は  歯の病気を予防
が  がんの予防
いー  胃腸の働きを促進
ぜ  体力向上、全力投球に有効


そこで、子どもたちに咀嚼を知らせるための教材
【咀嚼パペット みいちゃん】を紹介します。
12929
27616 定価6,800円+税 解説指導書・食べものカードつき

ぱかっと開いた口の中には、実際の子どもと同じに乳歯が20本!
「この歯で噛み切って、この歯ですりつぶして・・・よく噛んで食べればおなかもいっぱいいなるよ」
などと、子どもにみいちゃんの歯を見せながらそれぞれの歯の機能を知らせたり、噛むことの大切さを知らせましょう。
お昼ごはんの前に、【みいちゃん】を使って今日のメニューについて知らせたり、咀嚼回数について再確認したりするといいですね。
そして、洗えるので衛生的です。


園で使っている様子は↓↓↓↓の動画を見てね!

★この教材に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店、またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪ メイトンです。

★今日の小ネタ★
2007年2月18日、 第1回東京マラソンが開催されました。第1回の申込者数は約95,000人でした。その中から約31,000人が走りました。2019年では申込者数は約330,000人にもなり、約38,000人のランナーが東京を走り、スポーツの大イベントになっています。
(残念ながら今回は中止になってしまいましたね

元気いっぱいに走れるのも、健康な体があってこそ!
健康な体は正しい【食】からつくられます。
本日は、幼児の【食育】イベント、幼稚園・保育所・こども園などの保育施設での食育実践活動のヒントがいっぱいの【第14回食育シンポジウム】
開催が来週末に迫りました。もうお申込みいただけましたでしょうか。

日時 2020年2月29日(土) 12:45開場 13:15開演 16:45終演(予定)
場所 すみだリバーサイドホール(東京都墨田区)

主催 NPO法人幼年教育・子育て支援推進機構 共催 東京都
第14回食育シンポジウム表
第14回食育シンポジウム裏
上の申込書にご記入のうえ、ファックスでお申し込みください。
*メールでもお申込みいただけます。(申込書と同じ項目をご記入ください)

詳しくはこちら

ホールでは実践園の活動報告や基調講演、ロビーでは食育の教材や実用書などの展示販売をおこないます。
今回の基調講演は、ベストセラー「妻のトリセツ」などで著名な黒川伊保子さん。
成長期の子どもたちの「脳」にとって必要な栄養とは? 「脳」がフル回転するために重要な食事とは? など、子育てに役立つ内容です。保護者の方へのおたよりなどにも役立つお話です。
幼児教育・保育にかかわる方々はもちろん、一般の方もお申込みいただけます。

ご参加いただいた方に、園の食育に役立つ実践事例集をさしあげます。
定員400名 お申し込み順となります。
みなさまのご参加をお待ちしております。

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪ メイトンです。

★今日の小ネタ★
2020年の立春は2月4日。暦の上では春となります。とはいえ、一年で一番寒い時季ですね。この日から春分までの間に、その年に初めて吹く南寄りの強い風を【春一番】といいます。
早く暖かくなってほしいなあ〜。

さて本日は、今月末に開催する幼稚園・保育所・こども園などの保育施設での食育実践活動のヒントがいっぱいの【第14回食育シンポジウム】をご紹介します。

日時 2020年2月29日(土) 12:45開場 13:15開演 16:45終演(予定)
場所 すみだリバーサイドホール(東京都墨田区)

主催 NPO法人幼年教育・子育て支援推進機構 共催 東京都
第14回食育シンポジウム表
第14回食育シンポジウム裏
上の申込書にご記入のうえ、ファックスでお申し込みください。
*メールでもお申込みいただけます。(申込書と同じ項目をご記入ください)
詳細はこちら

ホールでは実践園の活動報告や基調講演、ロビーでは食育の教材や実用書などの展示販売をおこないます。
今回の基調講演は、ベストセラー「妻のトリセツ」などで著名な黒川伊保子さん。
成長期の子どもたちの「脳」にとって必要な栄養とは? 「脳」がフル回転するために重要な食事とは? など、子育てに役立つ内容です。保護者の方へのおたよりなどにも役立つお話です。

ご参加いただいた方に、園の食育に役立つ実践事例集をさしあげます。
定員400名 お申し込み順ですのでお早めに。

こんにちは、メイトンです!

メイトホームページの月刊絵本・月刊ひろば・いただきますごちそうさまのページが最新号にアップされました!

どうぞご覧ください!

★メイトの月刊誌・保育雑誌のお問い合わせ・お申し込みは、メイト特約代理店またはメイト(032-5974-1700 代表)までお願いいたします。

こんにちは! メイトンです。

2月1日発売の【新・食物アレルギーガイドブック】をご紹介するね!

【知って安心 園で役立つ
新・食物アレルギーガイドブック】

新アレルギーガイドRGB
61636 定価2,400円+税

近年食物アレルギーをもつ子どもが増えています。
みなさまのクラスにも食物アレルギーをもつ子どもがいるのではないでしょうか。
2019年には【保育所におけるアレルギー対応ガイドライン】が改訂され、安心・安全の視点から【食物アレルギー】の対応はとても重要となっています。

本書では、食物アレルギーの基礎知識や、園の受け入れ体制、誤食・誤配事故の防止策などをわかりやすく詳しく掲載しています。
食物アレルギーが起きてしまった園での原因のトップが誤配膳。
本誌掲載のデータでは、食物アレルギーをもたない子どもに提供する食事を、間違って出してしまった(誤配)・・・が、なんと4割以上にも!
このようなことが起きないためにも、保育担当・調理担当の連携はとても大切です。

そのような問題の防止方法なども、改訂された【保育所におけるアレルギー対応ガイドライン】に沿って解説。栄養士・調理師の方々だけでなく、園の保育者のみなさまにお読みいただきたい内容となっています。
小児アレルギー疾患、特に食物アレルギー・アナフィラキシーの診療や研究をされている国立病院機構相模原病院臨床研究センター 海老澤元宏先生、食物アレルギーレシピに関する本に携わってこられた学校法人ソニー学園湘北短期大学准教授 林典子先生に監修していただきました。

コンテンツ
002_006-2002_006-3002_006-4
カラーページでは鶏卵・牛乳・小麦を使わない季節のレシピ、おやつのほかに、食物アレルギーをもつ子どもも参加できるクッキングのアイデアを掲載しています。

園内研修、新年度からの体制づくりにも必読です!


★【新・食物アレルギーガイドブック】に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪メイトン

★今日の小ネタ★
2008年(平成20年) カリフォルニア・アーモンド協会が制定。1日約23粒が摂取目安量であることからだそうです。アーモンドは美容にもよいとされていますが、2019年9月に食物アレルギーを引き起こす食品としてアレルギー表示推奨品目になっています。

子どもたちに、「食事」をすることや体の中の働きを知らせる食育エプロン
【なんでも食べて元気いっぱい!】のご紹介。
27617 定価12,500円+税
27617a
栄養バランスのよい和食を基本とし、主食(黄)主菜(赤)副菜(緑)汁物(白)を4色に分けて、子どもたちが目で見てわかるようにしています。

それぞれの色のこびとさんをサポート役に、食べたものが体の中で消化されて排出されるまでをわかりやすく知らせます。
27617k
27617i
27617j
27617e

排出されたうんちは健康を知るバロメーター。
びちびち・ころころ・もこもこ・バナナうんちと、子どもたちでも便の状態を見て「きょうバナナうんちでた」などと自分の健康状態を知ることができますよ。

動画も見られます

★【なんでも食べて元気いっぱい!】に関してのお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはメイト(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。

~~~ヾ(^∇^)こんにちは♪ メイトンです。

2月29日に開催する幼稚園・保育所・こども園などの保育施設での食育実践活動のヒントがいっぱいの【第14回食育シンポジウム】、ただいまご参加申込み受付中です!

日時 2020年2月29日(土) 12:45開場 13:15開演 16:45終演(予定)
場所 すみだリバーサイドホール(東京都墨田区)
主催 NPO法人幼年教育・子育て支援推進機構 共催 東京都

第14回食育シンポジウム表
第14回食育シンポジウム裏
上の申込書にご記入のうえ、ファックスでお申し込みください。
*メールでもお申込みいただけます。(申込書と同じ項目をご記入ください)
詳しくはこちら→http://kids21.gr.jp/syokuiku/symposium.php

ホールでは実践園の活動報告や基調講演、ロビーでは、食育エプロンやパネルシアターなど食育を楽しく学べる教材や、創刊20周年を迎えた園と家庭をつなげる食育情報誌【いただきますごちそうさま】、知識や実践に役立つ食育実用書などの展示販売をおこないます。お手にとってご覧いただけます。

今回の基調講演は、ベストセラー「妻のトリセツ」「夫のトリセツ」などで著名な黒川伊保子さんです。
成長期の子どもたちの「脳」にとって必要な栄養とは? 「脳」がフル回転するために重要な食事とは? など、子育てに役立つ内容です。保護者の方へのおたよりなどにも役立つお話です。
(一般の方もお申込みいただけます!)

ご参加いただいた方に、園の食育に役立つ実践事例集をさしあげます。
参加費無料 定員400名です。お申し込み順ですのでお早めにお申込みください。

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪メイトン

★今日の小ネタ★
「鏡開き」今日1月11日におこなう地域、20日におこなう地域があるようです。
鏡もちは「割る」「切る」ではなく、縁起よく「開く」といいます。
神さまの力が宿るという鏡もち。かたくなってもお雑煮やお汁粉に入れてやわらかくしていただいたり、小さなかけらもかきもちにするなどして残さずいただくようにしましょう。

お正月をすぎて、いろいろな年間行事や関する行事食にふれることが多くなる時期です。
そこでお知らせする1冊!
【子どもに伝える 行事の由来と行事食】
56834 定価2,400円+税
gyoujisyokubig
いろいろな年中行事と行事食の由来を解説しています。また、園でも定番の行事となっているハロウィンやクリスマスなどの行事も取り上げました。さらに夏祭りや防災の日などの園行事も取り上げて、解説を掲載しています。日々の保育の中で子どもたちに行事を知らせたいときにはぴったり。
また、年間の食育計画作成にも役立つかもしれませんね。

コンテンツはこちら
gyoujisyoku1



★【行事の由来と行事食】に関するお問い合わせ・お申し込みは、お近くのメイト特約代理店またはめいと(03-5974-1700 代表)までお願いいたします。



*【行事の由来と行事食】はショップページからもご購入いただけます。


*Amazonでもお取り扱いしています。

~~~ヾ(^∇^)おはよー♪ メイトンです。


★今日の小ネタ★
「三つ子の魂百まで」
三歳ぐらいまでの小さいうちまでに培った性質・性格は、百歳(将来)まで変わらないという格言です。
小さいころの子育てはとっても大切になるよね。

さて、NPO法人 幼年教育・子育て支援推進機構では毎年2月末ごろに【食育シンポジウム】を開催しています。
【食育シンポジウム】では、幼稚園・保育所・こども園などの保育施設での食育実践活動のヒントがいっぱいご覧いただけます。
ホールでは実践園の活動報告や基調講演、ロビーでは食育の教材や実用書などの展示販売をおこないます。
【第14回 食育シンポジウム】が決まりましたので、
お知らせしま〜す!

日時 2020年2月29日(土) 12:45開場 13:15開演 16:45終演(予定)
場所 すみだリバーサイドホール(東京都墨田区)

主催 NPO法人幼年教育・子育て支援推進機構 共催 東京都
第14回食育シンポジウム表
第14回食育シンポジウム裏
上の申込書にご記入のうえ、ファックスでお申し込みください。
*メールでもお申込みいただけます。(申込書と同じ項目をご記入ください)
info@kids21.gr.jp

今回の基調講演は、ベストセラー「妻のトリセツ」などで著名な黒川伊保子さん。
成長期の子どもたちの「脳」にとって必要な栄養とは? 「脳」がフル回転するために重要な食事とは?をお話しいただきます。
とっても気になる・・・・

定員400名 お申し込み順ですのでお早めに。
(ご参加いただいた方に、園の食育に役立つ実践事例集をさしあげます)

このページのトップヘ